菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

愛しさと切なさと心弱さ

f:id:suga-satiko:20151213235310j:plain




静かな夜の帰り道に切なさと心弱さが襲ってくる。

特別に連絡したい相手が居たのならば、そこに「愛しさ」がついている。間違いなく過ちは心弱さが原因だとは理解している。

7月に展示を一緒に行いました、みどりさんが都立大学駅のギャラリーで三人展を開催してらっしゃるので伺いました。来週まで開催しています。私には描けない色彩ばかりでした。




最近毎日のようにぐるぐると同じようなことを考えている。考えたところで何か変わるようなこともなく、最近といってもここ10年ほど同じようなことを考えている。近年はそれについて特に考えている。
答が出ないようなことを考えるのは楽しい。
切ない。心弱い。


愛しさがついてしまったら、きっと今の自分は存在していなかっただろう。




ワニの目を知っているだろうか。ワニの目は思っている以上に恐い。ちゃんと確かめて見た方が何事も確実だがや。