読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

山ボーイ

履いてる靴がかっこよかったからf:id:suga-satiko:20160726205635j:plain


「靴、かっこいいですね」と云ったに。

そこで終わってもよかったけれど、やっぱり溢れちゃって「どこのブランドのですか?」と投げ掛けてしまったら、予想としてはkeenかなと思っていたし、keenだったら、だったらで少し残念という気持ちもありながら期待して聞いてみた。


そいなら「どこだっけなぁ…、パタゴニアです!」と返答が来て、「パタゴニアかぁ!」と一旦会話を引いたが、頭の中ではパタゴニアという単語がきて

彼は山を登る男なのか!?山なのか!?パタゴニアだなんて!なんてセンスなの!職場用の靴にパタゴニアを履いてる男にめちゃくちゃ興味が湧いてしまって、また溢れて聞いてしまった。

「山に登るんですか?」

そいなら、うろたえながらも「趣味程度ですがちょくちょく登ります」と返答をしてくれた。

目の前がパァっと開いて「私も登るんです。ちょうどスニーカーが欲しくって、なかなかいいのがなかったんですよ。その靴、いいですね。」と溢れ出てしもうた。「前はオシュマンズとかで買ってたんですけど、なかなかいいのが見つからないんですよ」


「あ~、確かにオシュマンズ昔のほうがありましたよね。最近(種類が)減りましたよね」

と意志疎通が出来てしもうた。とっても嬉しくなった。


私は来月 山に登る。 今のところ一昨年以外は毎年登れている。つくづく大学の時に出逢えた良かったと思おている。9年間バレーボールをしてきた自分が、まさかワンダーフォーゲル部にジャストミートすると思わなかった。誘ってくれた友人に感謝している。




一年に何度か、合宿の時に経験した夜の感じを思い出してはまたみんなで登りたいなぁと思うのだが

その みんな はもうあの頃より随分予定が合わないし、大人になってるし、あの頃ではない。のは分かっているから、いまでもとても嬉しかった思い出だ。だから、たまに登る山は楽しみだ。

山ガールよりも山登ってないがな




あぁ、なんか山部があればなぁ~
入りたいなぁ~

でもネットで検索しないとないからなぁ~

もっと身近な出会いで山部したいなぁ~




パタゴニアの彼に「今度、一緒に登りましょうよ!」なんて溢れて云ってしまいそうで怖い。

山登る男はかっこいいですもんね。






学生時代に皆で更新していたワンダーフォーゲル部のブログを検索したら出てきました。懐かしい。

私のワンゲルネーム「がっちゃん」でした。五年経ちましたが、つまらなくないな。
http://s.ameblo.jp/bunka-wandervogel/entry-10977780388.html