菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

本当の人

f:id:suga-satiko:20170505084138j:plain


中学の時に片想いしてたかもしれない人が夢に出てきた。大勢の人たちが くるりのLiberty & Gravityの踊りを踊っていた。各グループごとに色々なプレゼントが発表されるのだが、私たちのグループは男子トイレを掃除して日本を巡回するというものであった。お金も発生して定年までは困らずに生活できるという提案をされた。私は二人の小さな娘がおり、バツイチであった。私は自分に娘がいることを人から伺って そうか、娘がいるんだと自分の設定に納得するのであった。

全部は夢の話である。





家に帰れば話し相手はいないのであるから、話したいことも悲しかったことも気になったことも楽しかったことも全部し舞い込んで夢でまとまらずに変なことになっている

こないだ職場の人に、将来はどうする気なのだと問われた。結局は違う人のことを話したくてその質問を投げ掛けられたが

よく親にも云われるが、もし私が結婚していれば そげな事を聞かれずに済むんやないやろかと ふと思ってしまった。結婚が安定かどうかは別とするけど、やはり女の性を真っ当するには子孫を残す。そのためには相手を見つけて結婚するしかない


そういうのって子供を育ててる自分とか誰かと結婚するだとか想像できなかったり、されなかったりとなるならば私はまだそれをできるレベルに至らないということでしょうか

分からない



別に遊びで恋愛したいわけやあるまいし


以上