菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

見られる

f:id:suga-satiko:20170722141807j:plain

今年は4つのコンペに出すという目的があったうちの3つ目が終わった。

結果としては、1つ目は何も残らなく終わり 2つ目は一次通過(一次通過か入選のどちらかしかない本当はどこまでいったか知りたい)で終わり 3つ目は最終選考で終わっているのだった。


途中、1つコンペの参加を加えるつもりだったがやめる。


去年の今頃はコンペに一切出さないというつもりでいたのはコンペのために描くために絵を描いてるわけではないという頭の硬い己だった。自分のためだけに描けるものには限度がある。他人からお仕事を頂いたことのない自分のイラストはイラストだと云えたものではない。が、イラストだと云えるために描くのだった。
今回出した作品は全て新聞家のために描いたものだけである。結果、チラシの絵として公演の作品に合わずして選ばれなかったけども合わない以外を覗けば全て興奮した状態で描けたものばかりであった。だからそれを出した。

いつもチラシの絵を描いているが、絵の反響が分からないので力になれているかすら分からないけど この4年近く絵を描いてることが事実であり結果として捉えるしかないのだった。

認められるために描くと同時に己にとっての社会貢献としての在り方がやりたいこととできるだけことがマッチするのならば これからやろうとしていることに期待するしかないのだった。


ドラマ「セシルのもくろみ」でもあるように、「やりたいことができるにはまずは認めさせること」なのだった。認められるのは誰でもいいってわけではないけれど自信のあった作品が結果になるというのは面白いなと改めて思おう。





以上





2年ぶりくらいに吉野家に行ったのだが、1分弱くらいで食べ終わってる人がいて驚いた。


LINEスタンプ販売してます。https://line.me/S/sticker/1494752