さすがポイズン

気持ちの備忘録〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

鴻上さん

お金にいつもより余裕があるというのはイイね!

 

 

住民税の通知がきて、こちらに引っ越してから払っていた分は引っ越す前の町の金額だったのでバカ高いと思おていたけれど今住んでいる町の金額はとても良心的でラッキーな気分になった。

昨日は午前中にお値段が良心的で信頼できる先生がいる動物病院で再診してもらって、昼寝してバスで映画館に行き万引き家族を観たがや

 

安藤サクラ氏の女性的フォロモンが羨ましくなった

 

 

 

今日も今日とて出勤終わりに鴻上さんの文庫本を購うた寄り道デー。

晩餐は久しぶりに一人回転寿司をする。

案外ひとり客の方が多くて、コジコジみたいな雰囲気のおじさんが握っていて店内の雰囲気もそないな感じで有名な某チェーン店にしては不思議な空間だった

隣の席にいたお兄さんは落ち着きがなくって、手をカウンター下に持っていって怪しい動きをしていて ここに座った自分の選択を一瞬恨んだけど、多分もしかしたら持病なのでしょうか。

すぐに怪しいと思おうのは現代病だ自分は

 

 

 

最後はスーパーで5キロの重い米を購うて両手で抱きかかえて夜道を歩いたのだった

いまは想像できないけれど、一緒に同じ家に帰ってる恋人が私の代わりに重たいお米を抱えて帰宅している光景を一瞬妄想しながら  私はその道を一人で歩いたのだった。

妄想は自由でハッピーなことしか取り上げないからいいよなぁ…

恋愛はハッピーなことしか起きないのだという思考回路にいつしか自分はなっていった。それは最近までずっと思おていて、とんだ勘違いであった

と今は思おている

 

以上