さすがポイズン

気持ちの備忘録〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

あっかんべろべろ

f:id:suga-satiko:20181019233522j:plain





結局、埼玉県立美術館やのうて練馬区立美術館へ行った。



西武線ってのどかで好きだなぁ…
西武の新宿も池袋も西武ってだけでのどかでいいよなぁ…


久しぶりに一人で1日さまよってあっちゅう間だがや
一人でイイ点は密かに嬉しいことをしまえる点と毒な状況は抱え込まなくてはいけないことだった そういえば


全て己の想像が印象をコントロールするわけやけども
できれば静かで口数が少ないやうに見えるけれど根明な男性と家族になりたい。己は実は根暗なんやないかと気付き始めたのだった
暗い人といると明るくなるタイプともいえよう
ワタシ ヒドイナ





なんで埼玉の美術館行かなかったっていうと明日からもう一つ展示が開催されるのでどうせ行くなら二つ見た方が得だからな


笠井誠一さんの作品は素晴らしいかった。
特に2000年に描かれました『二つの卓上生物』が己の感性を奪ったのだった。そして作品の解説の内容も学芸員さんかわかりませんが、とても考察や視点が分かりやすくて好きだった

今回はこちらの美術館二度目ですが前回行きました棚田康司さんの『たちのぼる。』もとてもいい気持ちで鑑賞できたのです。
じ〜っくり作品を興味津々でみていたら監視のスタッフさんが声をかけてくれて笑顔で説明してくだすった。作品の順番とか見やすさとか全然詳しくないけども感覚的に順路もよくって爽やかに痕を去ることができる美術館

今日は受付の方の対応がこの1年でナンバーワンの接客だったな ナンバーワン!!!




年相応の服をしたいなとこの頃思おている



以上