さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

タン

1年も残り11ヶ月か。早いな

 

年明けてからずっと身体がだらけており、休みたいな、いやだな、行きたくないな、なんて思おてしまっている。今朝もそうだった、でも知っている。行ってしまえばそんなこと忘れてしまうのだ

じゃあ朝の、あの行きたくない気持ちはどこから来てのかと思おえば

なんなのか分からん。可笑しい

 

 

あぁ、新幹線に乗って目的地に向かいたい

目的地に向かっている時が一番楽しい、そして帰ってから気づく

目的地に着いてからの出来事が楽しかったことに、今はそんな感じなんか

 

しかしカネコアヤノ氏の歌詞によれば若い僕たちには目的地なんていらない、らしい

要は突っ走れということなのかもしれないですけどもです。

 

 

この頃お金がないから、本当は買って貢献したいのだけれど、お金がないからTSUTAYAでコミックレンタルしているわけですが本当に面白い漫画ばかりですぎょいなと思おうわけです

絵だってそうだ、同業の人たちに知られるだけですぎょいのに、一般的に認知されるまでどれだけの運とご縁と実力が必要なんやろか

 

そういうわけで比べること自体おこがましいのだけれど、面白いものを絵で作り上げている人がたくさんいるってだけで落ち込んできたのだった

 

また忘れかけてる、成功ってなんぞや!

 

 

 

 

 

 

以上