さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

渋谷のロフトで

f:id:suga-satiko:20190308232244j:plain

 

 

 

目を擦る度に薄い皮の美しいかった表層がどんどんツヤをなくてして皮脂が失われている感覚がある。

それを実行させたのは、もれなく私。

 

両方の人差し指の爪には斑点がありまして、占いによると良い知らせが舞い込むと云うサインらしい

と思おていたけれど只今調べてみたら希望や願いが叶う予兆らしいです。

願いや希望、一体なんのことやらやら

 

火の鳥1では

人間は虫よりも

魚よりも

犬や猫や

猿よりも

長生きだわ  

 

その一生のあいだに……

 

 

生きている

喜びを

見つけられれば

それが

幸福じゃないの?

」とあった。(備忘録としても綴りたかったので綴るの巻)

 

 

 

を踏まえまして自分の希望や願いを見つめ直してみますと、どうやら好きなことを今できていること自体&見つけられただけ人間としての幸福は手に入れられた気になってもしまったがや

ただ、ちゃんと育って恋をして子を産んで満足して死んでみたいのが本当のところだけれどもです。

そう、渋井直人も休日8話でもあったように最後に残るのは愛だということを私も薄々本能として感じている次第です

だからさっきから、数年前から、結婚がしたいだとか幼稚なほどに悩んでいるのであります。だいたい暇なときにこんなこと考えていることが多いというのは一昨年あたりから分かり始めたけれどもです

 

 

 

 

 

 

おかしいな。今日はすごく目がかゆい

ちくしょう

 

 

 

以上

 

 

 

 

自分の文に合わせて絵を描くとドラマが生まれにくい…、そして飽きたので気が向いたらまたブログに合わせて絵を描くとしよう。幸せのパンケーキ食べに行こうかな