さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

ブックオフに

 

 

 

今から服を売りに行ってくるが、特に思い入れのあるのがサリースコットの春ニットである。オレンジ赤に近い明るい色であるが着こなしが難しいのである、あと己の肌色に合わなくなってきやがった

 

しかしながらこの服を買いたいがために大学生の時に初めて奮発して購入した服というわけで、なかなか手放せずにおりまして、いつか自分に子供ができたらおさがりしようと勝手ながらの妄想でとっておいたのでありますが執着は決断をとめるのでやっぱり持ち主をやめることにした次第であります。

 

 

どうでもいいことなんですけど、フォロワーが一人だけ減ったりすることがたまにあるのですがそれが誰なんだかわからないのが悲しいなって思おいます。いなくなったことに気づかないって悲しくないですか?減るのは構わないのですが自分の他人への関心のなさを思い知らされるみたいな感じです

 

あれなくしたほうがいいと思うんですよね、フォロワーとかフォローとかの人数提示

自分だけわかってればいいと思おうんですよね

 

 

 

というポイズンです。

 

 

 

 

以上