菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

土曜日

f:id:suga-satiko:20170624083826j:plain


スーパーナチュラル基礎メイクしかしてない。

石鹸で落とせる下地にもなる日焼け止めとクリームチークに眉毛は一応描いて口紅も一応塗る

そもそも眉毛を描くということをしたのも1年ちょっと前あたりでして自分はそこまで眉毛が薄過ぎる方だという自覚が無かった

そもそも眉毛全体に「剃る」という処理を施すというより、もとある形の周りにあるものを数本抜く程度であるので年々眉毛が薄さを増してるのが可笑しい

そもそも眉毛を描くことに慣れてから、自分の眉毛が非常に薄いことが分かった。まぁ、その前に眉毛が薄いと指摘されたことはあるが 指摘されるほどの薄さを感じたことは無かったのである


そいならば、駅でスマートフォンに反射した自分の顔を見たならば いつもより何かが足りないことに気がついたのであった


眉毛を描くのを忘れた。




そういえば高校のときに、冬に行われた練習試合で試合が始まる直前でトレーナーを脱いだときにあることに気がついて これと似たようなことがあった。

上の下着をつけ忘れたのである。トレーナーを着ながらにして試合をするのは良くなかったがために先生に伝えたところマネージャーが近くのショッピングモールで下着を買いに行ってくれたのだった。女子校で良かった。


あまりにも下着がフィットしすぎて下着を付けてるのか分からないことがたまにある。自分にとっては無くてもいいものだから


ちょっと前までは1年中着けずにいた時期のほうが多かったのだった。夏こそ誤魔化せたかは分からない

眉毛も下着も周りの目を気にしてするようになっただけなものだから自分のために女性になる努力をしたい。




以上

しゃらくせい

f:id:suga-satiko:20170623182821j:plain



おでこの吹き出物が緩やかに沈黙し始めている。私はニキビが初めて出来たときから感覚で「潰したら駄目なもの」であることを認識していたのだった

そういうことでいえば自分のそういった感覚には自信があるのだった。だのに、おでこは荒れる一方

しかしながらもどうやら先日の荒れ模様がピークだったらしい。前髪の我慢処のピークが過ぎると同時におでこに余裕を与えて、みるみるうちに元のおでこへと戻ろうとしている 本当に治ってくれるのかは分からないけども。




今年は人の家に遊びに行くことが多い。なんだかそういうの嬉しいですよね、私の中では当たり前なことではないから



以上

午前活


今月は3回も映画館で映画が観れた。

顔も性格も男前の身長が136cm男と金髪のバツイチ美女の恋愛模様なのだがラブなコメディ要素が強いか、もしくは結果は王道でもいいけど内容が何も残らないようなサクセスストーリーだろうか、どやしようかと思おていたがレビューがなかなか良かったので観てみた。観て良かった~



f:id:suga-satiko:20170622171139j:plain



調子に乗って、インスタグラムで時々見かけるユニクロのTシャツをみにいったならば これまたなかなか良くてニットポロシャツ可愛かったし 似合わなかったけど ニットシャツ形良かったし 似合わなかったけど ズボンも良かったし 体型悪くてやめたけど ユニクロ全然行かない間にユニクロ全然良かったがや

そしたらばH&Mに数年ぶりにちゃんとウィンドウしたならばイメチェンにぴったりの似合うであろう服が結構見つかり購うた。3着で一万以内だった、安い服ばかり買って占いに書いてあったこと無視したけど 久しぶりに服にワクワクした。嬉しいな

H&Mで服買ったの7年ぶりくらいかもしれない、



そしたらば調子に乗って AZURU by moussyに行った。どのショップもセールだから普段より何倍も店内に入りやすいからね

小悪魔的な海が似合う色黒女子とか、加藤ミリヤとかちょっとギャルっぽい大人びた女子高校生とか、とりあえず自分のイメージとかけ離れた女子であることを楽しんでいるブランドだと思おて敬遠してたけども 冬にRight-onでなかなか良かった服を買ってから 掘り出し物があるんでないかと 見てみたのだった

これがまた良かったんだよなぁ~


やっぱり己にとってのイメチェンは肌を露出することが第一で、女性の性を全面に出していきたいがために今まで好んできたブランドや服には足りない部分ばかりであった
そのためにはギャル要素があるブランドは少なくとも私が普段みるお店より露出服は沢山あるやうな気がするね 買わなかったけど




前髪が鼻先くらいまで伸びてきて髪型が女らしくなってきたな

うねり

髪の毛のうねりが激しい。


この頃自分の頭皮から加齢臭みたいなものを感じとっている。こやして突如に身体の変化を突きつけられると、ただに合うシャンプーと出逢えていない結果なのかもしくは本当に変化した結果なのか惑わされるがや


f:id:suga-satiko:20170621185830j:plain



昨日の最終回「あなそれ」の個人的にお気に入りのシーンは離婚後にりょうちゃんが女性といる場にみっちゃんが遭遇したのが非常に胸騒ぎがして良かった。みっちゃんの只の勘違いだけども勘違いのまま、りょうちゃんが他の女性を見つけてしまったということを知る瞬間の気持ち プライスレス


いままでドラマってずっともっと非現実的な出来事だらけな存在だと思おていたけど、ちょっとドラマティックなだけで共感しうるものはちゃんと存在するのだとトイレで用を済ませながら考えていた。本当に他人ごとだけど電車で目の前で小説読んでるサラリーマンも、右側で座ってスマートフォンいじってるサラリーマンも左側でスマートフォンゲームしてるお兄ちゃんもブログ綴ってる私もみんな主役でそれぞれのドラマがあるがね



結婚した男性って余裕が出てる、女もしかり。



以上

鏡を見ると落ち込む

胸がわざわざする

今日から現場復帰であるからに、久しぶりのコミュニケーションで緊張するがや仕方ない。



f:id:suga-satiko:20170620082021j:plain



普通に働くのと同じくらいに何もしない休みがあっという間に1ヶ月近く経ってしまった。

退院してからというもの、自分の食べたい物がよく分からない。食べてる料理のバリエーションが少ないがために




以上

撫でる

白夜行のドラマを今なら観たい。見なくとも山田孝之といい綾瀬はるかは役にぴったりだと同意した



今日で長い休みが終わる。昨日のザ・ノンフィクションも面白かった。色々衝撃的だったのが、嫁を自分のブログで募集したということだった。

しかもその相手が結果として自分を救う女性であったこと。テレビ画面越しにも伝わる。縁というのは不思議なものである


危うく感化されて「婿を募集」とブログでやるとこだった。私と付き合ったり結婚して相手に何のメリットがあるか、今想像してみたけれどすぐに思い付かない。潤艶なお肌で癒せる見た目でなしに性格が穏やかなわけでなしに、どやしよう
今後の課題とする。自分の良いところ探し



CMの菅野美穂の髪型かわゆす


f:id:suga-satiko:20170619144406j:plain








以上

白夜行

f:id:suga-satiko:20170618123828j:plain




心や気持ちが動いたら浮気。(by アッコにおまかせ)




もし私に恋人が出来たらと考えるならば、自分以外の異性と二人で出掛けてほしくはない。しかしながら自分自身はそうしないだろうと思おう、相手はオトモモチ(ももちのネタ)だからである

ももちはもうすぐで芸能界引退である





あるブログで面白い発見をした。そこには、女が結婚に焦る理由や男よりも必死に恋愛したがる理由について「女は男がいないと視野を広げられない」と綴れてあったからだ
もっと府に落ちる綴りかただったけど


車で出掛けることや子供を産むことや、色々含めて男といると体験できることが女といるだけよりも多いということらしい。おぉ、と思わず府に落ちてしまったがや

私はたまにいつ出来るか分からない出来事のために放置することがある。見逃した映画があれば、DVDを観れる機械もないのに将来恋人が出来たら彼の部屋にあるであろう装置で観ることにしよう だとか、そんな感じ


だいたいならないままになることを分かってるわけだけど。



希望があったっていいやないの


そういう意味では映画『新感染』もそのうちの1つである。




以上