菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

f:id:suga-satiko:20180117085128j:plain
これで終わりのようなそんな気がしてる君と~(byくるり)


本日の満員電車もむごかった

35歳まで独身の場合、90%の確率で生涯独身らしい。違ってたらすみません

あと10年もないがな…

どうしよう。このまま尊敬できる異性と恋に発展しないまま女の生殖器を閉ざしてしまうのだろうか
嫌だ。嫌だ嫌だ嫌だ。結婚がしたいのに出来なかった場合は意味が全く異なるがや


といいつつ自分が魅力的じゃないからそないな男性を見つけられないのだった





以上

働くことがめんどくさい

f:id:suga-satiko:20180116084933j:plain






朝起きてバイトに行くのが面倒だなんて今年になってよく思っている


アルバイトであるからこの年齢になって他人からの視線が厳しいところであるが、誰がなんといって 辞めるほどの程度を目指しているつもりはなかったのだった。この先は分からない

ありがたい事にそれができる環境にいれること前提だけど




清掃のお仕事も絵を描くお仕事も今いる職場も全てやりたいことの一部だった。清掃の仕事をしていた時、お高くとまってる仕事をやったって馬鹿な大人はいるものだと思い知らされたがな

勿論、いい大人も同じくらいいた。

忘れかけてましたその気持ち





以上

au

f:id:suga-satiko:20180115211131j:plain




久しぶりに山崎ナオコーラさんの本が読みたくなって先日から何冊か購入し始めている。

時折、文章だけで泣かされることがある

そんな文をかく人に私は出逢えると、己にもそういう想像力があったことや重ならないはずの過去を思い出して懐かしくなったり忘れかけていた気持ちを噛んで味わうのだった。




狭くて浅い知識の中からでしか物を見ていないので一度好きになったらその範囲で出逢いを求めてしまう質なのだが、だから、ある時の気持ちを探してる場合はあそこへ向かえば大丈夫だという 己にとっての「おかえり」の場所


好きな本も好きな場所も好きな物も好きな者も、全部知っている答えだがや。出逢えた瞬間の感動以上のものには勝てない


だから何も変わらないで変わり続けることをしていきたい。角田さんのエッセイで泣けてきてしまう一文があったこと、ナオコーラさんの小説で泣けてきてしまうこと


また一つ人生の答えが見つかったようで嬉しくなったのだった。その変化は己にしか分からなくて結構







パリパリミーツメロメロだがな





以上

新年一発目にひいたおみくじは凶だったがや
なんとなくは予想していた。
むしろ嬉しかったかもしれない

そもそも一昨々日にテレビで観たマツコ・デラックスが凶をひいた印象が強くて自らがひきだしたのかもしれない

そもそもその神社に行ったきっかけがテレビで観たからかもしれない



f:id:suga-satiko:20180114083750j:plain





だからおみくじ三回ひいて大吉を凶の隣に結んできました。







パリパリミーツメロメロ




以上

今から


f:id:suga-satiko:20180113133336j:plain







久しぶりに赤坂駅丸ノ内線ホームにいる。

今から1人で初詣に行きます




以上

婚活ステッカー

f:id:suga-satiko:20180112084711j:plain



私は綾瀬はるかになれると唱えることが魅力的になる始まりの1歩



久しぶりに吉瀬美智子に似ている女性を電車で見掛けたがや。やはり似ている。

今年は飛躍するんだ。





以上

鴨しゃぶ

f:id:suga-satiko:20180111090035j:plain



どうにかなりそうだ。

12月中旬に旅行に行ってから食べたい欲求の赴くままになっている、このままでは肥える


どうして入り込むスペースを空けると新しい息吹きが舞い込むのだろうか。気持ちは大事だった


朝から岡藤真依さん『どうにかなりそう』という漫画のインタビュー記事をネットでみて、作者のある質問に対しての受け答えに小さな感動をしたのだった



以上