菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

とうとう

f:id:suga-satiko:20180224101321j:plain

Twitterをはじめてしまった。

というのは夜中にyoutubeで吉岡里穂×岸田繁J-WAVEチャンネルを観たならば寛大な気持ちになってしまったからや

最適な時間で観てしまった。

このところシャワーを使うと床が水浸しレベル1になっているので修理を避けたくて我慢するべく隠れていた排水溝を昨晩に見つける。 今まで露わになった排水溝しか入居していなかったため、引っ越してから排水溝が見当たらずに疑問に思おていたが「こんなところにあったのか。」とぼやきたくなる所に発見した

そいならばごっそり髪の毛が出てきたがな。しかしながらそれは多分私の毛ではなく前回の住居者であろう長いまとまった毛だった ユニットバスなので浴槽でシャワーを浴びるわけだが浴槽からの毛は当初からカバーをかけて未然に日々捨てている、洗面台では洗顔と手しか洗っておらず毛は捨てていない

ということは深夜に見知らぬ人の大量の毛を見つけるのは就寝前の私には恐怖に近かった。こんな時に同居人がいれば楽しい時間になりそうだけど

手に負えない状態を確認。安心入居サポートに加入にしていたため早朝すぐに電話する。安心入居サポートのおかげで引っ越し当初は不備だったところを全て新品に交換・修繕していただきまして大家持ちで無料になった

今回もそうであることを祈るしかない。

これで私の午後活の予定は狂ったが

こんなにSNSをはじめてますが発信してることは全て似て異なる。 notoは直接関わったことのある人はいりゃしませんので超絶シークレットプラベートを綴っているし、インスタグラムは活動のことしか更新していないし、ブログはプライベートon the プライベートを綴っているし、Facebookはインスタグラムのビジネス用にするための登録だけ

ツイッターくるりが好きな菅幸子として発信する。

以上

Mステ

f:id:suga-satiko:20180223202913j:plain

久しぶりに今リアルタイムでMステを流し観聴きしてるけど

なにこれ、この進化なにどうなっちゃってんの状態である。 黒柳徹子のアンドロイド?なんでやねん ジャニーズとエグザイル系と星野源とパフュームと椎名林檎松たか子和楽器バンドと三浦大知? どうなってんねん。ジャンルなんて関係ない音楽を表現する者は皆仲間だ!みたいな感覚にさせられたがや

この数週間で思おい始めたのはタモリさん最強説だがな

生きているうちにタモリさんと一緒に仕事をしたことある人たちは、何年後かになって当時をきっと誇りに感じるのかな なんてな

焼肉食べに行きた〜い

明日は谷川俊太郎の展示を観に午後活して、先週行きましたママさんバレーに夜活をする。独身は嫌だけど、今は一人でいることを謳歌している気がするのだった

しかしながら林真理子さんの「野心のすすめ」にもあるように、やはり私は結婚を絶対にしたい。一人で両親を看取り、一人で生きていく覚悟なんてどこにもないのだ  家族がいなくなる前に、己にとっての本当の家族をつくりたい。

だから絵の活動も大切だけど、私にとっては恋人と出逢ってある年齢までに結婚するというのが今のところ同じくらい大切で重要な活動だ。 恋愛のことしか頭にないのかよ、と思われたって仕方なし。結婚したいのに結婚できなかった人生は、やりたいことがあるのに逃してしまったことと同様の罪がある。

だから若い今のうちに結婚したい気持ちを前面に言い放ってやるし

その前に恋人と出逢うのが今年の目標。

以上

その線は水平線

f:id:suga-satiko:20180222190751j:plain

 

 

 

くるりの新曲『その線は水平線』、岸田さんのツイッターでは曲のことを「『HOW TO GO』や『ハイウェイ』が好きな人は多分好きやと思います」的なことを云いはっていた。

 

実は3、4年前のライブでこの曲を新曲だといって披露してくれたのだけど、出だしがうろ覚えだけども「その線は水平線〜」と聴いた瞬間から絶対的に好きな曲になっていたのだった

あれから「その線は水平線」という新曲は出ることがなくお蔵入りなのかと思おたけど遂にMV解禁の新曲発売。己の記憶だと優しい曲調だった気がするけど、冒頭の岸田さんのいう意味合いがはっきりと伝わってきたがや

幸いなことに私はHOW TO GOが大好きだったので。「いつかは想像を超える日がやってくる」という言葉を何度リフレインしたことだろう、だから、新曲を味わった時に聴きながら泣きそうな気持ちになった。自分を肯定したくなる曲だ



人生に「楽しみ」が元々用意されてるとするならば、くるりのおかげで倍になっている気がするがや

 

 


好きなモノがずっと存在するとは限らないから、くるりのライブを自分もくるりのメンバーも生きてるうちは行くし。

 

その間に私は野心を糧に生きる

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も今日とて

f:id:suga-satiko:20180221201537j:plain



ガラケーに変えてから、めっきりラインの通知がなくなってしまった。


「菅って、アメリカに一人で旅行しに行った時に見つけたマクドナルドのような存在だよな」

と、唐突に職場の一つ上の男から云われたのだった。
分からないようで分かるようで。


今夜は勤務帰りに寄り道して気になる人の展示を観に行くと、芳名帳の最後に知人の名前が記載してあり まさかとは思ったが会場でじっくり鑑賞していたがや。己のスイッチが入っていない時、どうにも声をかけずにやり過ごせないかモードになってしまい挨拶しなかった。しかしながら、帰り際に相手方が芳名帳を見たらしく私の名前をみて再び会場に戻り「菅さん?」と声をかけてくれたがな 

惜しい、「カンさん?」と云っていたが訂正するのも申し訳なかったので私はその知人といる時だけはこれからは「カン幸子」として生きようと決める。



写真の腕にあるアザは先週のバレーで出来た内出血 
証は目に見えるものだ






昨日は午前中に初めての医療費控除の確定申告に行く、噂通り混んでおり終わって時計を確認したならば2時間経っていたがや。駅近くにある地元の蕎麦屋に入り美味しい天丼セットを久しぶり食らう、見た目も味も心底満足して幸福になった。帰り際どうしても「美味しかったです」と伝えたかったので伝える。
云っている自分が気持ちよかった、これぞ自己満。


午後、よき絵の理解者である方の展示を観に銀座へ向かった。大学生の頃、親から借りてまで高いお金を払ってギャラリーに展示をしたのに1週間前から描き始めてしまい人に見せたもんじゃない作品を飾るはめになったため小さな声でしか宣伝をしなかった。(記憶の限りでは)


しかしながら、芳名帳をみるとその方の名前があってとても驚いたがや
直接に展示があることを伝えていないのに来てくれたのだった
その行為が私は心底感動したのを今でもずっと大切にしている、そういう記憶があるから 負けたくないのであった。何に負けたくないんだろう、分からないけど




いい人には成功してもらいたい。この人には成功してもらいたいなって思おえる人がいるっていいなと思おう。自分にはそう思おえる人がいるというのは尊敬できる人たちに囲まれてありがたいなと、と同時に頬を叩かれている気分だ







例え疎遠になったとしてもそう思っている自分がいて安心する
確かに感謝しているのは事実であり真実であったからだな




ここのところPCで更新する方が気分である



以上

妊娠の可能性を想像しても

f:id:suga-satiko:20180219191544j:plain

 

 

午前中、心電図の結果を聞きに行く。

午後からの出勤にしてもらったため、普段よりは朝遅めで起床できるかと思いきや9時の予約だったがために普段と変わらずに目覚めた。散歩がてら40分近く歩いて病院に行く。

 

半年前と変わらずに9000回近くの脈が乱れたまま。やはり方法は脈を乱している部分を焼き切るというカテーテル手術しかないと云われるが、連続の脈の乱れは見られないため生活に支障が出ない&気にしないのであればまた現状維持で様子をみましょうとのことだった

 

 

 

「まだ若いから、薬を飲むのはおすすめしない。薬によって妊娠できにくい体になってしまうので。このまま手術しないにせよ、将来的には妊娠・出産の可能性を考えると必ず体質が変化しますから その時に不整脈がどうなるかですけど。」

 

 

自分が妊娠するなんてことが想像もできなかったがや

 

「いまのところこのまま様子見で(笑)」と答えたのだった。

 

私は好きな人もいなければ、子を授かる相手の目処さえ全くなし。

もし己に今 恋人がいるとするならば何を思って聞いていたのだろうか

もしもなんてないけど

 

 

私の母は24の時に自分を産んだけど、26の私は未だ夢を追って自分のことしか考えない人生を送っている。とても自由だけど少し不安だ、とても自由にみえてとても不安だ、とても不安でこのままじゃこのままだ

 

これから私を恋愛対象で見てくれた男性は果たして結婚を考えてくれる人なのだろうか。「心臓の手術をする」なんて恋人に云われたら「俺には荷が重いから勘弁してくれ」なんて思われるのだろうか。

 

 

 

 

次回の予約は1年後になった。2019年私はどうしてるのだろう

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤い電車に

f:id:suga-satiko:20180218085159j:plain



昨夜、久しぶりにバレーをやりに行った。

8年ぶりだったけど、パスをするだけでも十分に楽しかったがや

結婚していないがママさんバレーに混じる。運動から離れていたけどやはり気持ちがすっきりする。いまある出来事だけに取り組む時間



歓迎してくれたので、できればこのままずっと続けていきたいが曜日と場所の問題で通うのは難しい。でも行ってみて良かったな


このところ人間環境に新しい息吹が舞い込むことがなくなってしまったので「初めまして」を増やしたくなったし、増やしていきたいがや

自分で人生を変えていかなくては。




以上

花粉症がやってきた

f:id:suga-satiko:20180217103650j:plain

 

 

「自分の中で消化していって、そうやって大人になっていく」と職場の方が云っていた。

 

今の職場にきてもう3年ほど経つ。大学4年生の夏にいまのバイトを見つけたのだった

大学生の間にいくつかアルバイトしたけども、働いてる達成感というのが今までで一番実感できた。家にご飯が用意されてることに初めて感謝したくらいだった。

 

就職して、転職して、やっぱりアルバイトをしながら活動しようと決めたとき

ここ以外考えられなかった。それは今でもそうだけど、ずっとここで働くというのも

違うように思おう。

 

 

絵の活動と全然関係がないバイトに見えるかもしれないけれど、結構役に立っている。

不思議なことにそういうことを話し合える人がいたりするから余計に思おう。

 

「人とのご縁には全て意味がある、出逢った瞬間から何かは動き出して始まっている。」とも云っていた。

 

もしここにいる意味があるとしたら、なんなのだろうと

 

 

自分が目指しているものが掴めるようで掴めなく最近なっているがや

もう存在しているものは目指そうと思わないけれど、

 

 

パリパリmeets メロメロ

 

 

 

 

以上