さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

ニトリの話

 

 

とうとう壊れてもいないのにエプソン複合機をネット注文で購入してしまった。

 

翌日配送で注文したものの、いつ届くかわからないという恐怖で今日はどこにも出かけられず既に購入したことを悔いている気がしている。気のせいであるけれどもです。

 

こんなことなら今日届かなくてもよいから日時指定で注文するべきであった

それもこれもまだ手元にないから嘆いてしまっただけの話であります。

 

 

ラインスタンプを3年ぶりくらいに制作しようと取り掛かったが、スキャンして画像としてみると思っていた印象にそぐわずがっかりしてしまったのでボツにしたがや

以前作ったラインスタンプの収益は一度ラインアカウントを削除したために全く入ってこなくなってしまった。

早く新しいものを作って再スタートを切りたいところであるがそんなこんなで1年以上経ってしもうた

 

ちくしょう

本当はどうでもいいと思っているから後回しにするんだ!!!

 

 

 

 

話は変わりますが個展をする際はだいたい開催日程を決めてから作品テーマにとりかかっていたが、今回はいい作品の数が集まってから開催日程を決めるという己の中の新しいやり方を試している

いつになるかわからないのが怖いところであります。

 

3年前に描いた漫画みたいなものの続きを最近描き始めまして、あの頃の己の絵柄を取り戻せた。いつかこの絵柄で仕事をして使い分けられたら心が満足しそうな気がしているが人生なるようにしかならない

精進するしかなし

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

 

 

 

天女

f:id:suga-satiko:20211005155839j:plain




あんなに更新していた日々が嘘のように、備忘録に残しておくべき気力が湧かなくなってしもうたがや


前回の更新からまたもや色々な出来事をこなしてきたような気もするが大したことでもないような気もする。
1、上海蟹を食べた話
2、1日に二つの仕事をこなした話
3、洋服を買った話
4、時間の話
5、がるちゃんをみるのをやめた話
6、ガールズプラネットにはまっている話
7、年に何回か恥じる過ちを思い出す話



話題がいくつか浮かんだが今日はどのような話を綴るか
因みに画像は日本橋三越にある素晴らしい像であります。


今日は5の話に触れてみることにする




この1年、もっぱらがるちゃんの閲覧に拍車がかかりまして朝起きてはがるちゃん
電車の行きもがるちゃん。休憩中もがるちゃん。帰宅の電車もがるちゃん。
暇さえあれば人と話すよりも、景色を眺めるよりも、絵を描くよりもがるちゃんと過ごしてきた時間が多かったのは知る人ぞ知る話である

職場で世間話をするときも、何かの意見を引用する時にがるちゃんでみたコメントを言う事が多かった。
トピックによってはポジティブなコメントのほうが多い場合もあるが、大抵は批判的なコメントが多くあるものの方が盛り上がるのががるちゃんであり、時事ネタが常に更新されるためテレビよりも役立つ情報だと思おいいつもみていたのである


そうとは知らずに、己の思考がどんどんがるちゃんに支配されたらしく
浮かぶ思考や発する言葉がネガティブなものが多くなったしまったがや
(元々の性格もあるとは思いますが悪しからず)



というわけでしてコロナをきっかけにか分からんが消極的かつインドアな日々により、以前より熱い想いを失ってしまった己をリセットさせるための実験中であります。
まだ1週間しか経っていないが実験2日目にして効果があり、何も考えなくなった



インスタグラムもあまり見る方ではなかったのもありまして暇な時間も増えまして、家にいればまたオーディション番組に没入にしているところである
そのオーディション番組が「ガールズプラネット999」


綴りながら気づいてしまったが、がるちゃんからガールズに移行しただけやないかい。







以上

2の話

 

更新していない間にいろいろと記録しておきたいような事もあったが、この日まできてしまった。

 

1、秋に着るような服があまりないので1枚で着れるトップスを購入するべくhomspunに行ったが営業時間などの確認不足により三度リベンジした話

 

2、その次いでに奥渋のお洒落本屋さんのSPBSにて堀道広さんと安西水丸さんと大橋裕之さんの本を購入して6千円使った話

 

3、さんざん雨による出勤をこなしてきたが明日はようやく私の番なはずなので休みになりたい話

 

4、右手が鈍ってる話

 

 

今回は2の話に絞ってみる。

堀道広さんの「おれは短大出」と「うるしと漫画とワタシ」、大橋裕之さんの「ゾッキC」(いま打ちながら気づいたけれどゾッキって俗気?)、安西水丸さんの「普通の人」を購入

まだ読み途中のものもあるが、視点と画角が洒脱すぎて己の画力に無念しかない…

そしてなぜか昨日から右手が鈍い痛みを感じる…

絵の描きすぎならわかるが、おそらく携帯の触りすぎであろう。

 

まずは練習は真似するのが一番であるが、試しに線のラインをそのまま描いてみたが全然違う!!!見ながら描いてるのに全然違う!!!

こういうのは真似るもんでもないな、と放棄したがや

自分の線…自分の線…

 

似ていると云われる前まで意識したこともなかったのに、意識すればするほど自分が今までどうやって描いてきたか思い出せないのである。

本を購入して幸と出るか不幸と出るかは自分に技量が試される

 

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 






























待望の夏の終わり

f:id:suga-satiko:20210903194100j:plain

 

 

 

 

 

森山直太郎のドラマ『うきわ』での演技

 

森山直太郎が唄う『夏の終わり』

 

森山直太郎が映っていた再放送のドラマ『HERO』

 

夏は森山直太郎が彩っているといっても過言ではないかもしれなくなってきたがや

 

 

なんてのは冗談であるが、韓国オーデション『I-LAND』が一番のピークで面白く観れまして今はその気持ちも落ち着いてるのはここだけの話であります。

スカイツリーパラリンピックの影響で3色に光っているが、一番綺麗な姿はやはりいつものシャンパンのような光であると思おう

 

せっかく本を買ったのに、全く読む気にならない。

コロナによる閉塞感が今年になって己に襲いかかり、がるちゃんを見る力は出てくるのに本を読む力と映画を観る元気と美術館やギャラリーに行く気力が湧いてこないのが正直なところである。

 

昨日は退勤後、帰りの電車で気持ち悪くて途中で2回下車したがや

 

原因はねばねばドロドロの昼食後、すぐに突っ伏したせいであろう。

低気圧も相まって偏頭痛もそこからじわじわと襲ってきやがった

 

 

 

コロナの打撃に勝つには己がやるべきことに向かうしか道はなしに

「目標があると小さなことが気にならなくなった」

という言葉を職場の人から聞いて少しやる気が出たという話で締める

 

 

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

I-LAND

先日の韓国オーデションLOUDに続き、他のオーディション番組も気になり始めてとうとうABEMAのI-LANDも観たがや

こんな長時間の大充実したエンターテイメントを無料で!!??と感動して一気に3話まで観始めたものの続きが気になる4話からは会員にならないと観れなかった。

やはりこんなうまい話があるわけない。

 

 

まんまとプレミアム会員になり(2週間はお試し無料期間だったので)休日まるまる3日間に分けてずっと観てしまった。1話につき1時間半から2時間の内容で、最終回は3時間近くもあるのだ。力の入れようがすごすぎる

一日中集中して観ていたものだから途中で頭痛になり気持ち悪くなってしまったが、それでも観続けていたくらい面白かった

 

ここから誕生したアイドルは以前Mステに出ており、マイケルジャクソンに憧れてダンスを始めた日本人メンバーの紹介映像が流れている場面からたまたま観ていたのだった。

その時の感想といえばメンバーの仲が悪そうで、まだアイドルになりたてのぎこちなさを感じていたものの初見でわかるほどのイケメンがちらほらいるなぁという印象であった

 

そうか、彼らがここから誕生したのか。という始まりでI-LANDを観始めたので最終回では仲が悪そうだなんて勘違いをしてしまってすまないという気持ちになったがや

 

そりゃあこんなかっこいいビジュアルでキレキレのダンスをするアイドルがいれば、将来俳優にでもなれそうな男前の青年たちもアイドルを目指したくなるよなと思わずにはいられないくらいかっこいい子たちばかりである

 

 

夢を追う姿に胸が何度も熱くなる、というのはこの話であると思おた

と同時に若い子の感性というのは常に最先端であるんだなと感心もしたがや

今の日本の若い子たちが韓国メイクやファッションに影響を受けているのは当然な現象かもしれない

 

 

 

 

という、そんな話。

 

 

 

以上

 

 

 

LOUDとJYPとJPY

f:id:suga-satiko:20210817163651j:plain

 

 

 

つい最近、といいましてもまだ1週間も経っておりませんがyoutubeの広告で時折流れてきた韓国オーディション「LOUD」をとうとう観てしまったがや

最初はyoutubeにダイジェスト版が無料で観れて1話が2時間ほどあったが、あっという間に夢中になり最後には有料版のdTVに加入しまして(といいましても31日間無料だから)最新話までには韓国すごい、JYPすごいという感想しか言えなくなった

 

たまたま雑誌のハマ・オカモトが綴ったコラムを読んだならば、どうやらハマ・オカモトもJYPのすごさを発信しておった。

「隠す必要のない人になってください」

寝るところ以外全てファンに映しているBTS

テレビには見せない姿などないくらいの潔白さ

同意せずにはいられない旨です

 

 

先日まではコロナの影響やオリンピックの開閉式や夕方のニュースで流れた年金の不安特集などを観たりして将来の希望を見出せないところまでネガティブな思考に陥りそうになったが、LOUDのおかげで元気になれたのはここだけの話であります。

 

LOUDの参加者や流れにたとえ台本があったとしても(多分ある)、十分に楽しませてくれたエンターテイメントさに感動したと同時に日本も精進していかなければならない状況に陥りつつあるのだと感じてしまったが、精進するしかなしに

まずは表情の豊かさから表現する必要がありそうである。

 

 

そんなこんなで本の「プロ論。」をようやく手に入れて準備体操をしている段階であります。

己に喝を入れるようになってきたこの頃であります。

 

 

 

以上

 

 

 

猛暑

 

暑い。暑すぎる。

 

 

昼になると冷房が効かなくなるほどの暑さである。

前々回に住んでいた角部屋は上下の部屋に挟まってたのと部屋の狭さも相まって、冷房を使いこなせていたが今回の角部屋は角部屋の洗礼を受けている気がしてならない

 

 

 

外に出てショッピングモールや図書館で涼んでいたほうがマシなんじゃなかろうかという気さえしてきたがや

 

 

 

そろそろ免許更新に行かないと危うい

明日行ってくるつもりでいる。

今日は今後10年はサンダル購入を控えるという意気込みでネット購入したNAOTの商品が届いた。

あとはクレジットカードの新デザインが気になっていたので、それも先日に手続きをして今日届いた。

ティーバーでドラマのリバイバル配信があり、ドラマ「スローダンス」という昔観たような観ていないような、とにもかくにも涼しさを感じそうなドラマだったので観てみた。



深津絵里広末涼子。すばらしい愛嬌と可愛さと美しさである。

 

 

ご飯2合を昼食でたいらげスイカとアイスで涼を取り入れ、すっかり夏バテしかねない休日であったというなんてことのない備忘録

 

 

因みに妻夫木聡が映画監督の夢を半ば諦めた運転教習所の教官役で、深津絵里がアパレル会社勤務の役である。

明日は免許証の更新に行こう

 

 

以上