菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

スケルトンな地平線が続いてる

f:id:suga-satiko:20160706233141p:plain


あっという間にこの時が来てしまった


来てしまった、というのは肩の荷がやっと少し降りたということのやうだ。
少しどころじゃないかもしれない


この先に何も待ち構えてはおらんぞよ
そういうのは大抵の場合自分で勝手に作うておる気持ちになってきた。

展示を終えたこの先に待ち構えているものがなにもないというのは今の私にとうて とても心地が好いである

独りと和解できたようだ。不安とも歩めてるやうだ、いまはそのままでいいらしい



メロンが食べたいれす。