菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

マウジー


f:id:suga-satiko:20170220085117j:plain


迷走している。


年相応の服装が分からなくなっている。

この問題については半年くらい前から浮上し出したのだが、似たような服装をしているのに年齢に見合っていたりするものだから

要は生きてきた顔と雰囲気の結果でしかないのであろうか。



最近、楽な服装ばかり着ている。が、着ているからには一点一点は魅力的だと思おて身に纏うわけである。だのにトータルだと大学生にしか見えないのだ。組み合わせの問題と着飾らない顔の問題なのは承知であるが自分の発想でコーディネートしているので何も変化なし。


なのでアイテムを変えてみようと思ふ。


鞄と靴をチェンジングアウトしようと思ふ。

ただし私が一番恐れているのは見た目と中身の折り合いがつかなくなることだがや
服装に見合う生き方をできるか分からないから肩が張らないアイテムばかり選んでるのかもしれないですね

そこまで誰も私のこと見ませんよ、は承知である。


今年の夏も京都音楽博覧会へ行く。が、今年はもしかしたら1人で楽しむのかもしれない。
それでも楽しみである。