さすがポイズン

気持ちの備忘録〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

SONGS

www.youtube.com

 

 

 

宇多田ヒカル氏が「人間活動」を宣言したのが27歳の時らしい。

 

え…、もっと30代とかじゃなかったの?なんて驚いてしもうた

人と比べるなんて意味がないことだけれどそういえば10歳も歳が離れていないのか。

宇多田ヒカルが生きている時に彼女の歌と出逢えてよかったと思おう

 

だからライブに行きたい

 

いきものがかりの人のコメントがとてもよくて感動したがや

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで今日は青椒肉絲とめかぶと黄身と納豆をかき混ぜたネバネバをごはんにぶっこんで、トマトを晩餐にしてみた。

 

勤務が終わってコンペに出した作品を受け取りに行くのだった。

結果は1次通過で終わる、去年は最終選考と一次通過だったし、コメントが去年は「面白い」だったけれど今年は「ちょっと面白い」になっていて自分もまだまだだなと思おう。というか安心感があった

 

まだ達成できないものがあるという安心感、まだ与える側にいないことへの安心感、でも自由なことが一番だけれど縛りがちだ。若いから仕方ない

 

自分の自由の究極が誰かにとっての解放に突き刺す感動があるとするならば、やはりすぎょいな〜。それが歌でも漫画でも詩でも言葉でもアニメでもやり方はなんでもありってところが可能性があって素晴らしいとさえも感じてきたがや

私の場合は言葉に動かされることが多いかもしれぬ

 

 

 

備忘録

 

 

以上