さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

ありがとうございます。

f:id:suga-satiko:20180522213140j:plain

 

 

 

 

 

 

どうやら去年作ったLINEスタンプを購入して下さった方が先月と今月にかけて4名いらっしゃった。

 

需要はないと思おて忘れようとしていたけれど、それは自分が決めることではないらしい、感謝です、ありがとうございます。

 

 

 

 

どうやら本格的にお気に入りのピンキーリングを無くしてしまったがや

あと片方だけイヤリングもなくしてしまったのだった

でも一度そういうフェイントをかけられたので以前よりガッカリはしていないけど、これで私の女性らしくなれた手も当分は殺風景である。仕方なしに。

 

 

 

なぜだか本日は視界がクラクラするのだった

なぜだか午後から脳がグラグラしている感じ

帰ってからも、帰っている途中もずっとグラグラしていて、不安になって鏡で自分の目をずっと見つめてみたけどちゃんと見つめられている感覚がなかったし、自分の顔がすごく他人に見えて少し怖くなったのだった

 

 

今は山崎ナオコーラ著『手』を読んでいるわけだが、非常に読みやすくて面白くて

 

ナオコーラさんの好きなところは男をバカにしているところと男を好きなところで、女が強くて女が弱いところ。嘘がないところとかっこつけないところ。

多分に、初めて好きになった小説家が山崎ナオコーラさん(もしくは西加奈子さん)

基本的に私は女性作家の本しか今まで読んだ記憶がないのだった

男性は鴻上尚史著『孤独と不安のレッスン』しか読んでいないと思おう

 

たまたま気になったタイトルで手にとる本が結果を招いているわけだけど。

 

 

 

 

 

上がグレーのTシャツで下が深緑のふくらはぎ丈のスカートに民族チックな編みバックでプーマの薄汚れたスニーカーを履いて、それを好きな男性に見て欲しいな 

 

と何故だか、ふと。そういうコーディネートしたいって思おたのだった

 

 

するかは別としまして

 

 

 

 

以上