菅 幸子

綴ります。〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

ストッキングの向こう側から脛毛が見えること

f:id:suga-satiko:20171020171517j:plain


初めてビックコミックオリジナルを購入した日。



浦沢直樹のmonsterを読んでから楳図かずおと同様に作品の恐ろしさに魅了されたのだった。大学生なのに漫画を読んで怖い思いをするなんて、どんだけ凄い作品なんだとも今となっては思おう。


ビックコミックオリジナル面白い…。

ドラマの「ゆがみ」を観ていたならば、原作は漫画なのかとエンディングで流し観ていたが たまたまビックコミックで連載していたなんて知らなんだ


弘兼憲史の作品もあったんだ、と。

店(両親が営んでる料理店)には少年ジャンプとか男性が読むような漫画がいつも置いてあった。
monsterや人間交差点などがあってそこで初めて出逢ったがや



こうした漫画を面白いと感じる年齢になった。


山へ!の展示を見に行ったときに印象的だったのが、うまく説明できないけど Aの感覚を持っている人も必ずBの感覚を通るし、通らなければAになることもなくて、BやCには分からない良さをAはいいと感じることがある。みたいなニュアンスの詩があった



イラストにも通じるよなと思おう





以上