さすがポイズン

気持ちの備忘録〈HP〉http://sugasatiko.jimdo.com/

5月

f:id:suga-satiko:20180524221017p:plain

 

 

 

 

 

絵に全く興味のない人の反応は私の心が痛むけれど、とっても闘争心に駆られるし一番素直なアンサーで、結局落ち込むのだが本当はそういう反応を一番自分が求めているのだった。

 

 

どんなに口ですごいや上手いと言われても、その線をみた瞬間の表情や雰囲気が全てを物語っており、だから出来れば実際の絵を手渡すようにしていたがや

 

でももう私にはMACという機械があって、それを使って本物の線よりニセモノのほうがいい出来栄えになってしまうようになってしもうた。それは求めていなかった誤算である

 

しかしながらコンペでだした作品はニセモノやのうて、その紙に、このペンで、この線を描いた、ホンモノ。描いた瞬間には昇華されてしもうて己の中では新しい何かを求めているわけで描き終わった線をずっと想い続けることができていない、ということは己がいま描いている線は瞬間だけもてはやされて大事にされなくなってしまう線であるということは目に見えているので

 

ずっと長く、努力せずとも好きでい続けられる線を描けるまでは、満足しないんだろうなって思おたのだった。それでいてその線で見返してやりたい人を蹴散らし、求めていた味方を引き寄せ、四角い心を丸くしたい…

 

 

 

 

 

以上