さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

8月

 

ゴジラの映画をいつ観に行こうかと思ってるうちに上映期間が終わってしまうような気がしているこの頃であります。

 

コロナから受けた痛手はあまりなかったように思えた昨年でありましたが、場所や状況が変化したことも加えましてこの1年じわじわと己の行動や思考が以前よりもアグレッシブルではなくなってしまったのはここだけの話であります。

 

 

どこかに出かけようと思う機会が減り、人と交流しようとする元気が減り、己と向き合う時間を避けながら、今できる暇つぶしで過ごしていたこの頃であったのもあまり知られていない話であります。

 

 

先日にがるちゃんのトピックで「何のために生きていると思いますか?」というのがありまして、いろいろなコメントがありまして、その中で「生きるために生きる」というのがありまして、そういえば去年HBギャラリーで開催した個展のテーマで己の中でその意味を見つけ出したのだと思い出したのであります。

hbgallery.com

 

でも、このトピックを読むまで忘れていたがや

そして導き出した想いすら曖昧になっておった

 

生き続けるために生きるしかないやんけ!!!!

 

 

生きていることに意味なんてない!!

生きるということが目的なのだ!!

 

 

引っ越してから活力が湧いているこの頃であります。

 

 

 

以上