さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

日比谷でピザトーストとか

f:id:suga-satiko:20190412204838j:plain





本日はHBギャラリーで個展初日の三浦さんの作品を初鑑賞。
はっきりいって、作品すごくよかったもんだから気づいたら微笑んでおった
気持ちがよいものを感じると人は勝手に微笑むのだろうか


本当に行ってよかった。



その後、日比谷へ向かう。職場の人と現地の席で合流。こういう待ち合わせの仕方おもしろいので今後活用していきたいがや。

一緒に行く人が都合でキャンセルしたチケットを自分が譲り受けるの巻。
職場の人のご友人の娘さんが出演しているとのことで通常より一層熱心に鑑賞できる。こういうきっかけで鑑賞するのは2回目であるがやはりとてもいい体験であるの巻


生演奏できらびやかな舞台に衣装、美しい歌声と熱心な演技。
感動、感動、時に演奏の美しさで心地のよい眠りに誘われる
まるで夢の中を現実で見つめているような画

人の心を動かすのは動かしている人が本気な時だ

ということが理解できる現場であった。こちらも行ってよかった。
その後に少し茶をしばいて解散し、三省堂書店に行きイラストレーションファイル上下巻を確認しに行く。


機は熟していない









以上