さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

 

 

用事を済ませ、午後はモスバーガーにてモスチキン、ポテトL、オニオンフライ、期間限定の海老天七味マヨバーガーを食す。

ほ〜い、美味しいです。

 

 

いつだったか夜に中高生のカラオケなんちゃらの番組でスカウトの数が一番多かった人が勝利という企画があり、とある青年の票を入れたスカウトマンが言った

『シンガーとして大事な素質は歌っている時が一番セクシーであること』

(記憶が曖昧で悪しからず)

 

ほ〜い

 

なるほど、うなる、ほうほう

 

 

 

たしかに。特に最近己が気になってしょうがない同世代のカネコアヤノさんなんてすごく魅力が広がって認知が増している気がするがMVやライブ映像みてても表情がくせになってなんだか何度も再生をおしちゃうのである

 

これは別のことにも言い換えれそうである。

お笑い芸人は何をしているときが一番魅力的にみえるか、俳優は、鳶職は、サラリーマンは、うなる。ほうほう

 

では、己が何をすれば一番セクシーに映るんやろか

(女性としてではなく、表現者として想像する場合である)

 

描いたものがセクシーにみられる必要があるのならば、見せる場を練るのか

こないなことをここで綴っても考えたことにはならんのである

鴻上さん風にいえばそれは考えているのではなく悩んでいるだけである

 

 

 

実力不足が一番恐ろしい結果を招くからといって行動しないというのは結びつける動機にはならない

 

 

 

 

ちなみに小泉進次郎はいまのところノンセクシー。 

 

以上