さすがポイズン

このブログは己の成りを備忘録として綴るものであり、家族の事や詳しい出来事については割愛しております。

あははのは

 

ブログをサボっているわけではないが滞っているわけでもないがただただ綴ることもないので更新しなかった所存であります。

んなことどうでもいいか

 

 

 

昨晩は久しぶりに大学時代の友達が少しだけ顔を出してくれてありがたき幸せでありました。そういえば最近はコロナのこともあり職場の人としか交流していなかったので久しぶりに違う自分に戻ったような気分になった所存であります。

そいならば、学生時代の友人とは久しく会っていないと感慨に浸りました

実際そんなことはあまりなくて1年に1度くらいは高校、大学の友人とは遊びますが、1日の休みを使って明るい時間からというのはほぼしなくなっておりました。

だいたい晩餐です。

 

大人になると何が友達の定義なのかわからなくなりますが、だいたいタメ口で気軽に連絡できて昼から遊んだことがあって10回以上会えば友達って公言してるやうな気もしなくもないようなあるような

 

 

とあるイラストレーターの先輩が云いましたように

この世界に入ると知り合いはいっぱいできるけれど友達はそんなできない

は胸に今でも刺さっております。

 

 

人にも旬があるのは巷では有名な話でありますが、果たしてそんなんでいいのやらかんたら

 

旬だから季節が巡ってきたらまた遊ぶけれどできればアボカドみたいに1年中、旬なものがあってもいいのにと思おう

努力するものでもないのでしようがありませんけれどもです。

 

 

思い返せば人を傷つけてきた回数のほうが多い気がするので精進したい所存であります。

 

 珍しくこんなことを綴っておりますが特に何かあったわけでもありませんので悪しからず

 

 

 

 

 

 

以上